趣味が答えられない人生から脱出したい。

(スポンサーリンク)

はじめまして、「しぃ」と申します。
自己紹介を始めようと思いますが、、、僕は自己紹介が苦手です。

性別は男で年齢は30代です!
これは答えられるんです。
仕事は会社員で出身は愛知県です!
これも答えれるんです。

でもそこからは、何というか語ることができない・・・。

いや別に、趣味なんか無くても生きてはいけるんですけどね。
でもそれって、何というか退屈。といえば聞こえはいいんですが要は寂しいんです

(スポンサーリンク)

目次

自分はこれが「好き」と自信を持って言いたい

自宅と職場との往復の日々・・・。物足りない思いが常にありました。
思い起こせば昔から、特に得意なこともない「凡人」な人生でした
「俺は趣味でバスケやってるんだ」 へぇ〜すごいなー
「私は推しのアイドルがいるんだ」 へぇ〜いいねぇー
「俺は楽器でドラムを叩いるんだ」 へぇ〜格好いいー
「私はイラストを描いているんだ」 へぇ〜憧れるなー
それに比べて自分はこれが好きと声を大にして言えることがありませんでした。

たぶん自己肯定感が低くて、何かを好きと言えない・・・
自分に自信がなく、これが好きっていう自分が他人にどう見られるのか。
自分に自信がなく、これをやり始めてもどうせすぐに失敗して続かないだろう。
こんな感じで何か新しいことを始めることができない状態でした。

正直、仕事はそれなりに順調にステップアップしています。
職場でも上司・部下・同僚ともコミュニケーションも取れている気でいます。

でもやっぱり何か物足りない!
友達も少ないし、この先仕事がなくなったら何か自分に残るんだろう・・・
仕事に生きていて楽しいんだろうか・・・なんて漠然とした不安が溜まっていき溢れ、
気づけば「自分にとっての幸せ」という哲学思想まで飛び出始末。

私の「こころの底」にある思い


「足るを知る」と古代中国の思想家である老子は仰いました

老子「しぃよ、今の生活の中で満足を見出し生きていくのだ。
ほれ、周りを見渡してみろ。お前はもう幸せでないか」

しぃ「気持ちはすごく分かります。その考えに共感です、でもすみません!
やっぱり今の人生を変えたいんです!楽しみたいし、友達も欲しいんです!
「仕事から帰ってきて、さて趣味でもやりますか。休日は趣味が楽しみだなぁ。
とか友達とワイワイあーでもない、こーでもないとか言い合いたい!」

ということで自分の「こころの底」にある気持ちと向き合あうことにしました。
正直このブログも本当に続けることができるのか?と弱い自分がささやきますが、
日々葛藤しながらあがきながら一歩つづ進んでみることにしました!

その成功や挫折の経験という足跡が、同じく人生に迷い苦しむ人の
一歩目の手助けとなれば心から嬉しいです。
なんて格好つけましたが、ひとりで歩くのが寂しいっていう気持ちもあります。

とにかく、始めてみます。どうぞ僕の「好き」を一緒に楽しんでください。

ちなみに老子の言葉はこう続きます。
「足るを知る者は富む。強めて行う者は志あり」
足を知っている人は心が豊であり、その上で努力を怠らない人は志を宿している。
そう人でありたいと願い歩んでいきたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる