【読書】面白い本ってどう探すの?失敗しない良作書籍の見つけ方

(スポンサーリンク)

ぎゅうほくん

読書したいけど、すぐ飽きちゃうんだよね・・・

しぃ

面白い本だと夜更かしするくらい楽しいんだけどなぁ
面白い本をみんなに出会って欲しいな!

(スポンサーリンク)

目次

面白い本と出会うにはレビューを見よ!

ごりら仙人

結論からいうと面白い本と出会うにはレビューを見るのじゃ!

どうせ買うなら面白い本が読みたい・・・でも本って世の中にありすぎてどれがいいか分からない。
そう思ったことはありませんか?私はいつでもそう思っています。
もともと貧乏性なので、買い物するときは「本当に後悔しないかなぁ」とか「もったいないことにならないかなぁ」とか考えちゃいます。あげく「前のも失敗したしどうしようかなぁ」と優柔不断スパイラルに陥ってしまうこともしばしばありました。

いまでも全くないとは言えませんが、以前と比べてかなりその頻度は減りました。
その理由はズバリ「レビューを参考にしている」からです

ぎゅうほくん

いや・・・他の商品買うときも、みんなしてるんじゃない?

しぃ

!!!???
特に本を選ぶときはその傾向が強いんだよ!!

本のレビューは熱意の証

ネットショッピングだけでなく、YoutubeやAmazon Primevideoなどの動画サイトなど
世の中ありとあらゆる場所でレビューコメントが出ており電子書籍ストアも例外ではありません。

いろいろな価値観から高評価や低評価があり、購入者が何を基準に選ぶかが重要になります。
Amazonで商品を購入する際には私も「評価が高すぎる」とか「これはアンチがやっているのかな」とか正直疑ってしまうことが多々あります。
しかし私は声を大にして叫びたい「電子書籍ストアに関しては高評価を信じろ」と。

本の場合は、つまらないとたぶん最後まで読まず途中で辞めてしまうんじゃないでしょうか。
本を読んでない分「こんなつまらないもの読ませやがって」とは、ならないんです。
これが例えばラーメンの場合は不味いけどとりあえず食べてみたり、パソコンの場合は使いづらいけどそのまま使用する。そこからイライラやストレスが不満となりレビューへ書き込むという流れになると私は思います。それが本については少ないんです。

逆に面白い本と出会ったときは、その感動や興奮を黙っていることができない!と思うのです。
誰かに伝えたいんです!世にこの素晴らしい体験を広めたいんです!
その気持ちがレビューコメントへ向かうので電子書籍ストアで本を購入するときには本当に参考になります。

しぃ

私も面白い本を読み終わった後には、
まずレビュー読んで、その本の余韻を楽しんでいます!

漫画や小説、実用書まで面白いタイトルは、レビュー数もコメントも非常に多いです。
みなさんの熱い思いが詰まったコメントを読んでいるだけで「うんうん、分かる分かる」、
「あぁここはそっちの考え方ねぇ」と嬉しい楽しい気持ちになります。

ちょっと違うなと感じた本はいったん寝かしておいて

それでもちょっと違うなと感じることも正直多々あります。
そんな場合は、無理せず読まず寝かせておきましょう
そのときの気分や状況や環境などなどで全然感じ方が変わってきます。
電子書籍のメリットでもありますが、本棚の奥で寝てるってことはなくデータとして電子の中で
すぐに引き出せるところにいます。
何かのタイミングで、「あ、これもう一度読んでみようかな」とか「この状況を打破するために読んでみよう」なんてことも本当にたくさんあります。
ですので、「いまの気分は違うな、また今度読もう」と気軽な感じでいると良作へ出会えると思います。

まとめ

今回は面白い本当の出会い方を紹介しました。
・熱い思いの詰まったレビューコメントを参考にする
・レビュー数・コメント数は本を選ぶときに本当に役立つ
・ちょっと違うなと感じたら無理せず本を寝かせる
このポイントを意識したら本当に良い本達に出会えるようになりました。
是非参考にしてみてください!

この記事が少しでも趣味探しのお役にたてれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる