【読書】趣味の第一歩!ひとに好きな伝えるススメ

(スポンサーリンク)

しぃ

本は読み始めたけど、
これを「読書」が趣味と言っていいのかぁ?

ごりら仙人

無趣味の人あるあるの一つじゃな。

しぃ

私は本当にこれでした。
こんなことで「趣味」と言ったら恥ずかしいかなと思っていました。

ごりら仙人

それを克服するには他人に「趣味」を語れる様にしておくと
自信を持つことができるぞ。

(スポンサーリンク)

目次

趣味を趣味と言えるようになるコツ

私はひとにこれが好きと言うのが本当に苦手でした。
たぶん「コイツはこんなことを考えてるのか」とか思われるのが苦手だったんだと思います。
だから「趣味はこれ」で「休日にはあれ」をしてとか言える人が羨ましく思っていました。

でもそれは克服できます!!

それを教えてくれたのは、「読書」の趣味でした。

人に語れる準備をしておく

結論からいうと

苦手なら事前準備をしておく

これにつきます。

誰かに自分の「好き」を伝えることが、苦手なひとにはこれがオススメです。
咄嗟に聞かれると何を言うのが正解かという考えに陥ってしまいます。

しかしあらかじめ話す内容を用意しておくと、スムーズに自分の「好き」が伝えられます。
これを繰り返していくと、その「好き」は立派な趣味になっていきます。

そしてその練習をするには読書がオススメです!

オススメの一冊を準備しておく

まず「読書」を趣味にするなら、ひとにオススメできる本を決めておきましょう。
もちろん一冊じゃなくても大丈夫です。多いに越したことはありません。

個人的には、本当に好きな本でなくても良いと思います。

とりあえずは、一般的にウケる本でいいんです!

ぎゅうほくん

えええええ!?
そんなんでいいの?

しぃ

まずは、それでいいんだよ!

大切なのは自分の趣味をひとへ伝えることです。
これなら話しても当たり障りがないなって感じで最初は全然問題ありません。

自分が読んで面白かった本からこれなら話ができそうだぞという本を用意しておくといいでしょう。

ジャンル別に好きな本をいくつか用意しておこう

しぃ

漫画が好きなんだけど、でもこれって読書に入れて良いの?

ぎゅうほくん

その気持ちすごく分かる・・・。

しぃ

もちろん漫画も読書です!
それを自分自身で認めることがまずは必要です。

私も漫画好きでしたが、それを趣味とひとに言えませんでした。
漫画も立派な趣味の一つなのに何故か趣味だと自分自身でも認めらませんでした。
子供っぽいかなとか大人にもなってとか思っていました。

別に漫画が趣味であることに問題はないんです・・・
無趣味で漫画しか好きがないと思われることが怖かったんだと思います。

そこで私はいろいろなジャンルの本を読む「読書」をしたことで、
私の中で漫画も「読書」の一部になっていきました。

漫画だけでなく小説・実用書・図鑑・エッセイなど様々なジャンルを読むことで、
これも面白かったしこれも楽しかったと自分自身でも認めらるようになっていました。

まとめ

今回は趣味をひとに伝えるコツを紹介しました。
私も無趣味で誰かに自分の中の「好き」を話すのにとても苦労しました。

・ひとに「好きを」伝える準備をしておく
・読書なら複数のジャンルを用意しておく
・自分自身でその「好き」を認めてあげる

これを繰り返すことで私は自分自身でも「好き」を認められるようになり、
自信を持ってひとにこれが趣味ですと伝えれるようになりました。

無趣味で悩んでる方は是非とも試してみてください。

この記事が少しでも趣味探しのお役にたてれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうござました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる