【登山】初心者はまず山の歩き方を知ろう!登山のスタイル3選

(スポンサーリンク)

しぃ

「登山」と一言でいっても、いろいろな種類があります

ぎゅうほくん

確かに登山家のような凄いひともいるし
趣味でやってるひともいるし様々だよね

しぃ

そうだね!いろいろなスタイルがあるから、
それを知ってからウェアやギアなどの「装備」を揃えるといいよ

大きく分けると登山は次の3つに分かれます。

・ハイキング
・ピークハント
・縦走

登山を趣味とすべく、まずは山歩きの「スタイル」を学んでいきましょう!

(スポンサーリンク)

目次

ハイキング

まずは一番初心者に向いている「ハイキング」です。
このハイキングは、山や自然を歩きながら楽しむスタイルです。
必ずしも山頂を目指さなくてもいいのが特徴と言えるでしょう。

美しい景色を眺め、ときには鳥の声や草花を愛でながら気軽に行えるので初心者にはオススメです。
またハイキングは山に限らず森林や湖畔など自然全般的に楽しむことが一般的に言われています。
比較的に低山でなおかつ短時間で活動することが多いのも初心者に向いているでしょう。

また似たニュアンスで「トレッキング」というスタイルもあります。
これは一般的には山頂を自由に山遊びし、山頂を目指す・目指さないも自由と
ハイキングと近いスタイルですが少し難易度があがります。

この二つを紹介しましたが明確な違いがあるわけではありません。
自分がこれはハイキングだ、トレッキングだと自由でいいと思います。
個人的には、「トレッキング」の方が格好いいのでこっちを周りには話しています笑

ピークハント

こちらのスタイルは、山の頂上である「ピーク」を目指して登山を行うものです。
一般的な登山のイメージはこれではないでしょうか。
ハイキングより難易度があがりますが、山頂に向けて進む登山の醍醐味が味わえます。

山頂に向けての登山計画を立てる必要があります。
登頂ルートを決め、登頂時間から出発時間を定め、気温や食事の準備も
ちょっと手間が・・・と気持ちも最初はあると思います。
しかし山頂に到達し絶景を拝んだ瞬間は、
今までの疲れも吹き飛ぶほどの感動があなたを待っています。

ちなみに山頂(ピーク)に到達することを「踏む」と言い、またピークハントをするひとを
ピークハンターと呼びます。格好いいですよね!

縦走

縦走とは、稜線(山の尾根)伝いに山々を歩き渡るスタイルになります。
ひとつの山を登頂し下山せず、さらに次の山へと稜線を伝い「山から山へ向かう」
中級から上級者向けの山遊びです。

富士山や桜島などただ単一で形成されている山を「独立峰」といいます。
これに対して山道が連なっているのを「連邦」や「山脈」と呼ばれています。
有名なとこで、北アルプスの立山連邦・穂高連邦などがあります。
この連邦を下山せずに踏破するため、テント泊や連泊での食糧管理など
多くのしかも念密な準備が必要となります。

ただ稜線から望める雄大な絶景といくつものピーク(山頂)を踏める喜びは大きな魅力と言えるでしょう!!

まとめ

今回は登山を始めるために、山歩きのスタイル3選をご紹介しました。
いきなり山々を歩き渡る縦走は難しいと思います。
まずは、山へ行き自然にふれあい美しい景色を味わうところから始めてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも趣味探しのお役にたてれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうござました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる